カブト

院長の部屋

馬場総合動物病院の院長・馬場国敏と、
ペットたちをご紹介します。

馬場総合動物病院 院長・馬場国敏

馬場国敏

馬場国敏
福岡県八女市出身。麻布大学獣医学部卒業

 1972年に現在地の川崎市中原区下新城にて馬場総合動物病院を開業。以来40年に渡って地域の皆さまと共に、ご家族の一員であるペットの健康増進と、野生動物の保護と活動普及に尽力しております。

 また震災などにより被災した動物の救護にも力を入れており、湾岸戦争、阪神淡路大震災、新潟県中越大震災、東日本大震災などの際には被災地に赴き、現地にてボランティア活動をしてきました。


※リンク集(外部サイトが新しいウィンドウで開きます)

»1991年度 シチズン株式会社「シチズン・オブ・ザ・イヤー」受賞
»1994年  金の星社 児童書「ペルシャ湾の水鳥をすくえ」
»1996年  兵庫県南部地震動物救援本部の活動記録より
»2008年度 環境省「動物愛護管理功労者大臣表彰」受賞(PDFファイル)
»2012年  朝日新聞WEB版 「残されたペット、何を思う」
»2016年  日本鳥類保護連盟(総裁・常陸宮殿下)「総裁賞」受賞


※所属団体(各団体のサイトが新しいウィンドウで開きます)

日本獣医師会所属 | 日本動物愛護協会 理事 | 川崎市獣医師会 前会長 | 野生動物保護獣医師協会 理事

Copyright 2017 馬場総合動物病院 All rights reserved.