スタッフ募集

東日本大震災への支援につきまして

馬場総合動物病院では、東日本大震災などで被災した
ペットやそのご家族への支援を行っています。

みなさまへのお願い

野生動物保護センターの犬たち  当病院併設の野生動物保護センターでは、平成28年現在、里親に出せない被災動物を20匹ほど、保護飼育しています。

  この被災動物たちの健康を維持していくために、大変な労力と費用を必要としています。

 私一人の力では限界のようです。みなさまのご協力とお志をお願いしています。

東日本大震災で被災された方へ

 今回の震災で被災された方々、本当に大変なことだと心からお察しいたします。 また家族の一員である動物を飼育されている方は、なお一層大変だと思われます。

 我々獣医師も、協力出来る力には限界がありますが、各々の個人力で少しでも被災された方々にご協力したいと思います。私共は阪神淡路大震災などでの経験もありますので「被災動物救護活動」を開設し、スタートしました。

 まず第一ステージとして、川崎市内に避難されている方々の飼育動物限定で、ご相談に乗りたいと思っております。何なりとお気軽にご相談下さい。

身体障害動物、大型犬飼育者の方へ

避難所で飼育困難になられた方は、手荷物持ち込みで飼育者同居も可能です。

部屋数に限りと条件があります。気軽にご相談下さい。

報道・運送・工事関係者様へお願い

原発周辺で避難令が発令され、私たちは動物救護が出来なくなりました。

警戒域内で取材・仕事された際、動物を救出する機会がありましたら是非お願いいたします。

私達は無条件で24時間体制にてお引き受け致します。救出活動の際は、咬傷に充分お気をつけ下さい。

Copyright 2017 馬場総合動物病院 All rights reserved.